MENU

化粧品の輸入について

メイクアップ

化粧品を輸入する利点

最近では、海外化粧品のニーズも高まっている。旅行先で化粧品を購入し、再び使用したく国内を探し回るも何処にも販売されていないケースがある。化粧品輸入代行では、日本国内で販売される化粧品には、旧薬事法により配合禁止・配合制限成分が定められている。輸入したい商品が決まり、成分分析を行ったうえで、輸入許可や発注、そして納品となる。化粧品輸入代行は、スキンケアやオーラルケア、更には香水・ネイルメイクアップ・ボディケアなど多くの商品を取り扱う。現在は、SNSの普及もあり、国内で製造された化粧品以外にも海外の化粧品にも興味・関心を持つことは大いにある。化粧品輸入代行はそうした顧客ニーズに応えられるビジネスである。そのために業界における情報共有や販路開拓がより一層求められている。化粧品輸入代行は単発購入もしくは定期購入が選択できるサービスであることが望まれ、安心して代行を依頼できる信頼が絶対条件となる。化粧品輸入代行では、流通・販売のノウハウを生かして、一般流通・理美容・エステなど多岐にわたるマーケティングを考えていく必要がある。日本国内での販売が安定すれば、自社ブランドを立ち上げ独自カラーを打ち出していくことも可能である。企画開発・交渉・商品コンセプトを明確化していく中で、オリジナルブランドの立ち上げも可能である。化粧品輸入代行は信頼できる取引の中で、顧客ニーズに応えられるビジネスとして成立していけば、より活発化していくことが期待される。

人気記事

メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。

化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。

婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。