MENU

面倒な手続きを全て代行

メイク道具

パッケージから広告まで

化粧品を販売目的で輸入する場合は、国内薬事法に基づく化粧品製造販売業許可が必要となります。これは成分の分からない化粧品が国内で流通して国民に被害が及ばないように、輸入品であっても自社で製造したものと同等の責任が課されるためです。この許可を取得するには設備投資や行政への届け出などが必須ですが、そのような手間をかけずに簡単に輸入する方法が、化粧品輸入代行会社を利用する方法です。化粧品輸入代行会社は依頼者に代わり、取得している化粧品製造販売業許可を使用して必要な業務を代行します。但し、許可を取得するのは化粧品輸入代行会社になるので、製品の表示ラベルは製造販売元が代行会社、販売元が依頼者と連名表示になるので注意が必要です。化粧品輸入代行会社に依頼する準備として、メーカー名と製造工場の所在地と連絡先、商品名とサンプル、商品についての成分情報や価格などを調べておく必要があります。これらの情報に基づき、化粧品輸入代行会社は日本の薬事法に適合する商品であるか、成分に間違いはないかなどの調査を行います。その後輸入許可手続きや通関手続きと併せて、パッケージやラベル作成、商品広告などの準備を行い、販売できる状態まで全て代行してもらうこととなります。申込はインターネットの専用サイトを利用すると便利です。なお、化粧品輸入代行会社が行う内容はほぼ全て同じですが、輸入量に規定がある会社や商品によっては取り扱うことができない会社もありますので、依頼する前には十分に打ち合わせを行うことが大切です。

人気記事

メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。
化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。
婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。