MENU

海外の化粧品を販売

メイク道具

成分分析が必要

輸入ビジネスの中でも化粧品に関しては特別なルールがあり、雑貨類のように誰でも簡単にできるわけではありません。化粧品は人の肌に直接触れる薬品ですから、薬事法の取り締まりを受けることになります。たとえば日本では禁止されている薬物が、輸入した化粧品に含まれている可能性があります。もし輸入した化粧品で健康被害を引き起こしたら、社会的責任は大きなものになるでしょう。こうしたリスクを避けるために、化粧品輸入代行サービスが利用できます。ただの雑貨類を輸入するだけでも、通関から倉庫保管・パッケージング・納品まで、さまざまな手続きを経なければなりません。これに加えて化粧品では、処方の確認や成分の分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスは、こうした面倒な過程を代行してくれるため、商品の輸入コストや労力を大幅に節約することができます。特に化粧品は時間経過や温度によって変質し劣化する恐れがあるため、流通過程でしっかりした管理体制を備えている化粧品輸入代行業者を利用することが大切です。先進国から高級ブランド化粧品を輸入するのはもちろん、発展途上国から格安な化粧品を輸入するのも一つのビジネスモデルになります。先進国の製品だからといって、日本の薬事法で認可されているとは限らないため、やはり所定の成分分析は欠かせません。いずれの場合でも、化粧品輸入代行サービスに依頼すれば手間をかけずに輸入販売をすることが可能です。

人気記事

メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。

化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。

婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。