MENU

依頼する内容は明確に

女の人

経費節減して海外化粧品を

自社で改めて手がけるか、専門の化粧品輸入代行業者に依頼するのかによって、かかる経費と収益の可能性とが異なります。基本的に自社で資格を取得して取り扱ったほうが、低価格で収益を得られるチャンスが大きいといわれていますが、リスクも少なくありません。専門的に取り扱える社員を常駐させること、倉庫管理やクレーム対策といった多岐にわたる業務を取り扱う必要があるからです。その点、専門に取り扱う化粧品輸入代行業者に外注し、販売する方式であれば、業務の負担や法的部分の問題をも全て解決できるでしょう。しかし、外注する以上収益を得るために、できるだけかかる費用を抑え、販売につなげたいと考える企業は少なくありません。基本的に外注する場合、業者を選ぶポイントを正確に把握し、業務をどの程度依頼するのかによって選びましょう。依頼の多さに応じて費用はかさみますが、自社で行える部分を社内で実行し、それ以外の部分を依頼することで、経費節減が可能です。海外の化粧品に対する販路に対して、化粧品輸入代行業者である程度把握しているのであれば、相談しましょう。販路に対してのツテがある業者に依頼することで、より収益を得られるチャンスが増す可能性も高いといわれています。海外化粧品を始めて販売する場合には、化粧品輸入代行業者のほうが経験豊富でサポート体制が整っていることも珍しくありません。適切に利用するには、事前にどこまで自社で行い、どこまで業者に依頼するのか、ラインを明確にして見積もりを取りましょう。

人気記事

メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。

化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。

婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。