メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

MENU

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。

化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。

婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。

女の人

依頼する内容は明確に

化粧品輸入代行業者に外注する方法と、自社で資格を取得して実行する方法と、どちらが向いているのかは企業によります。業者に依頼する場合、どの程度の部分まで外注するのか、社内でラインを明確にして見積もりを取り寄せてください。

メイクアップ

化粧品の輸入について

化粧品輸入代行は海外化粧品などのニーズの高まりによって、利用が進んでいる。業界内での情報共有や販路開拓を進めていく中で、スキンケアやオーラルケアなど多くの商品を取り扱い、多岐にわたるマーケティングが求められる。将来的にオリジナルブランドの立ち上げも期待できる。

メイク道具

面倒な手続きを全て代行

輸入化粧品を販売するには薬事法に基づく許可が必要ですが、化粧品輸入代行会社に依頼すると面倒な手続きを全て代行してもらうことができます。依頼するにはメーカー名や製造工場に関する情報と、商品名やその成分などを調べておく必要があります。申込はネットの専用サイトを利用すると便利です。

実績や人気をチェックする

女性

費用の安さも重視する

化粧品輸入代行業者を利用する会社が増えてきています。化粧品輸入代行業者はたくさん増えてきていることもあり、利用するのならしっかりと実績や人気度をチェックすることが大切です。まず、実績について調べてみましょう。それから、リピート購入を促すノウハウなど、各業者でノウハウは異なります。魅力的に感じられるノウハウのある業者を選択することが大切です。いくら代行してもらうといっても、売上がアップしないことには代行してもらう意味がないからです。売れる商品を輸入できるように、売れる商品を提案してくれたり、手続きにかかる費用を安くしてくれたりするところがお勧めです。また、海外の化粧品はどんどん製造開発されており、新しいものが出てきています。そこにいち早く目をつけて売れる商品を輸入できるようにすることがポイントです。よって、流行に敏感でリサーチ力に長けている化粧品輸入代行業者を探しましょう。もちろん、新商品の輸入は本当に日本でも売れるのかリスクがあります。それに、新商品は需要があるため、最初は価格が高めです。その点も踏まえつつ、売上に繋がるものを見つけましょう。そのためにも、化粧品輸入代行業者との信頼関係を築くことが先決となります。そして、輸入の流れがスムーズで対応が迅速な業者ではないと困ります。流通システムなどがきちんとしている業者かどうかもしっかり調べてから契約をすることが大切です。同業他社からの評判なども聞いておきましょう。

人気記事

メイク道具

海外の化粧品を販売

化粧品を輸入販売するには、通常の通関や流通販売コストに加えて、薬事法で定められた処方確認や成分分析が必要になります。化粧品輸入代行サービスを利用すれば、こうした面倒な手続きを省略できてコストを抑えられます。

メイクアップ

海外の化粧品を国内でも

化粧品輸入代行サービスは、海外の化粧品を輸入するときの手続きを代行してくれるサービスのことです。煩雑な手続きの手間とコストを削減でき、リスクを最小限にできるというメリットがあります。特に中小規模の化粧品輸入にはメリットが大きいです。

化粧品

化粧品にまつわる業務

海外の化粧品を輸入して国内で販売するためには様々な手続きが必要ですが、その全てを化粧品輸入代行業者に代行してもらうことができます。業者については、インターネットから探すことが可能です。依頼すると、まず最初に商品の検討と再分析が行われます。その後、輸入許可申請と通関手続きを経て輸入開始となります。

婦人

化粧品販売までの準備

化粧品輸入代行業者とは、化粧品製造販売業許可を持たない企業に代わって手続きを行う業者のことです。全ての手続きが一貫して行われるため、販売開始までがスムーズです。初期コストとランニングコストで10万円程度かかります。主な内訳は、成分分析費用と薬事管理費用です。また、成分表から見積もりもしてもらえます。